月刊島民ナカノシマ大学

講座アーカイブ

講座バナー

講座キャッチ

中之島のフリーマガジン「島民」夏号発行中止のお知らせ

▶5月27日(水)更新

6月1日に発行される予定だった中之島のフリーマガジン「島民」夏号は、諸般の事情により夏号の発行を中止することとなりました。


次回の発行は9月1日を予定しておりますが、変更がある場合にはまたご連絡を差し上げます。楽しみにされていた読者の方々には申し訳ありません。


なお、「島民」のバックナンバーはこちらからご覧いただけます。
今後ともご愛読のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。


2020年5月27日
島民プレス(株式会社140B内)

【重要】受講ハガキの送付を終了しました。

いつもナカノシマ大学にご参加いただき、ありがとうございます。

2019年12月よりナカノシマ大学及び天神寄席の受講ハガキの送付を終了しました。

つきましては、お申し込み完了画面に表示される『予約ID』の番号をお控えいただき、当日受付にてお伝えください。

※確認のため、1件のお申し込みにつき1通ずつ、自動返信メールをお送りしております。メールアドレスの入力ミス、迷惑メールのフォルダ設定などで自動返信メールが届かない場合がありますが、お申し込み完了画面に『予約ID』が表示されていれば、お申し込みは完了しておりますので、お問い合わせの必要はございません。

ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)
お問い合わせ:https://nakanoshima-daigaku.net/contact

【重要】天神寄席五月席(2020.5.25)中止のお知らせ

▶5月8日(金)12:00更新

いつもナカノシマ大学にご参加いただき、ありがとうございます。

5月25日(月)天神寄席「武士の町 大坂」につきまして、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催中止となりました。

楽しみにお待ちいただいておりましたお客様には、大変申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。
本公演の振替開催等については、予定しておりません。
また、本公演の中止に伴う、旅費等の補償は致しません。あらかじめご了承ください。

何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)
お問い合わせ:https://nakanoshima-daigaku.net/contact

【重要】ナカノシマ大学5月講座(2020.5.21)延期のお知らせ

『島民』2020年3月1日発行の133号でご案内いたしました
ナカノシマ5月講座「先取り! 大阪中之島美術館コレクション・オールスターズ」は、
講師の都合により5月21日(木)の開催予定を延期とし、日時については改めてご案内いたします。

【重要】受講ハガキの送付を終了しました。

いつもナカノシマ大学にご参加いただき、ありがとうございます。

2019年12月よりナカノシマ大学及び天神寄席の受講ハガキの送付を終了しました。

つきましては、お申し込み完了画面に表示される『予約ID』の番号をお控えいただき、当日受付にてお伝えください。

※確認のため、1件のお申し込みにつき1通ずつ、自動返信メールをお送りしております。メールアドレスの入力ミス、迷惑メールのフォルダ設定などで自動返信メールが届かない場合がありますが、お申し込み完了画面に『予約ID』が表示されていれば、お申し込みは完了しておりますので、お問い合わせの必要はございません。

ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)
お問い合わせ:https://nakanoshima-daigaku.net/contact

【重要】受講ハガキの送付を終了しました。

いつもナカノシマ大学にご参加いただき、ありがとうございます。

2019年12月よりナカノシマ大学及び天神寄席の受講ハガキの送付を終了しました。

つきましては、お申し込み完了画面に表示される『予約ID』の番号をお控えいただき、当日受付にてお伝えください。

※確認のため、1件のお申し込みにつき1通ずつ、自動返信メールをお送りしております。メールアドレスの入力ミス、迷惑メールのフォルダ設定などで自動返信メールが届かない場合がありますが、お申し込み完了画面に『予約ID』が表示されていれば、お申し込みは完了しておりますので、お問い合わせの必要はございません。

ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)
お問い合わせ:https://nakanoshima-daigaku.net/contact

【重要】受講ハガキの送付を終了しました。

いつもナカノシマ大学にご参加いただき、ありがとうございます。

2019年12月よりナカノシマ大学及び天神寄席の受講ハガキの送付を終了しました。

つきましては、お申し込み完了画面に表示される『予約ID』の番号をお控えいただき、当日受付にてお伝えください。

※確認のため、1件のお申し込みにつき1通ずつ、自動返信メールをお送りしております。メールアドレスの入力ミス、迷惑メールのフォルダ設定などで自動返信メールが届かない場合がありますが、お申し込み完了画面に『予約ID』が表示されていれば、お申し込みは完了しておりますので、お問い合わせの必要はございません。

ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)
お問い合わせ:https://nakanoshima-daigaku.net/contact

【重要】受講ハガキの送付を終了しました。

▶2019年11月1日(金) 10:00更新

いつもナカノシマ大学にご参加いただき、ありがとうございます。

2019年12月以降に開催されるナカノシマ大学及び天神寄席から、受講ハガキの送付を終了します。
同時に、ハガキ・FAXでのお申し込みも廃止し、webサイトから のお申し込みのみとなります。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

※1件のお申し込みにつき1通ずつ、自動返信メールをお送りしております。そちらに記載されている『予約ID』が当日の受付で必要になります。 当日受付にて『予約ID』の番号をお伝えください。もしくは、講座お申し込みが完了すると画面に必ず『予約ID』が表示されますので、お控えいただきますようお願いいたします。

※メールアドレスの入力ミス、迷惑メールのフォルダ設定などで自動返信メールが届かない場合があります。
こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。https://nakanoshima-daigaku.net/contact

ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)

【重要】受講ハガキの送付を終了しました。

▶2019年11月1日(金) 10:00更新

いつもナカノシマ大学にご参加いただき、ありがとうございます。

2019年12月以降に開催されるナカノシマ大学及び天神寄席から、受講ハガキの送付を終了します。
同時に、ハガキ・FAXでのお申し込みも廃止し、webサイトから のお申し込みのみとなります。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

※1件のお申し込みにつき1通ずつ、自動返信メールをお送りしております。そちらに記載されている『予約ID』が当日の受付で必要になります。 当日受付にて『予約ID』の番号をお伝えください。もしくは、講座お申し込みが完了すると画面に必ず『予約ID』が表示されますので、お控えいただきますようお願いいたします。

※メールアドレスの入力ミス、迷惑メールのフォルダ設定などで自動返信メールが届かない場合があります。
こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。https://nakanoshima-daigaku.net/contact

ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)

申込受付中(先着順)

ふたつの震災を歩いた2人の記者が
被災地で見た光景、出会った人、考えたこと。
東北取材500kmの足跡を語る。

2011年3月11日の東日本大震災は日本中に大きなショックを与えたが、関西では1995年1月17日の阪神・淡路大震災の記憶を呼び覚ました人も多かったのではないだろうか。東北の被災地取材を続けるフリーライターの西岡研介氏と松本創(本誌)もそうだった。ともに元神戸新聞記者である2人は、阪神・淡路を取材した17年前のある悔恨を抱えて、大津波と原発事故にすべてを奪われた広大な三陸沿岸部を訪ね歩いてきた。

 手分けして回った場所は青森県八戸市から福島県いわき市まで、距離にして500㎞。1年にわたる2人の取材記録は、『ふたつの震災─1・17の神戸から3・11の東北へ』(講談社)というルポにまとめられ、4月に出版された。

 阪神・淡路の体験を原点に取材を始めた2人だが、災害の様相、被害規模、時代背景、土地の歴史・性格に至るまで、あまりにも異なることに戸惑い、立ち止まり、悩む。彼らが被災地で見た光景、出会った人びと、考えたこととは何だったのか。ふたつの震災から、私たちは何を学ぶべきなのだろうか。

 6月のナカノシマ大学では、この2人に加え、大阪・関西の経済や都市政策に詳しい日本政策投資銀行の齊藤成人氏をゲストに迎え、震災と街、復興の姿について、大阪に引き付けつつ考える。


講談社より絶賛発売中!!(1,575円)

 


(c)宝島社
西岡研介
(にしおか・けんすけ)

神戸新聞から伝説のスキャンダル誌『噂の眞相』へ移籍、さらに『週刊文春』『週刊現代』記者を経て、現在はフリー。スクープを連発する「トップ屋」として名高く、2008年『マングローブ』で講談社ノンフィクション賞受賞。


松本 創
まつもと・はじむ
神戸新聞記者からフリーライター/編集者に。講談社のノンフィクション雑誌『G2』や『WEB 現代ビジネス』などで人物ルポ、インタビュー、コラムなどを執筆。月刊島民プレスのメンバーでもある。

Guest! 齊藤成人
(さいとう・なるひと)
日本政策投資銀行関西支店企画調査課課長。経済や地域活性化を支援する調査・分析のスペシャリスト。同銀行は被災地復興にも深く関わっている。

 

講座概要
開催日 6月20日(水)7:00PM〜8:30PM(開場6:30PM〜)
会場 愛日会館
受講料 1,500円
主催 ナカノシマ大学事務局
定員 100名
協力 大阪21世紀協会
会場

大きな地図で見る


 
申し込み方法

・ お名前・ご住所・電話番号・講座名を明記の上、下記までハガキ、ファックス、もしくはHP内の応募フォームからお申し込みください。

・ ハガキ、ファックスについては、複数名でご参加希望の場合は、人数分の必要事項を明記してください。

・ 申し込み先:〒530-0004 大阪市北区堂島浜2-1-29 古河大阪ビル4階  「ナカノシマ大学」 受付係 <FAX>06-4799-1341

※ 受付は先着順とさせていただき、定員に達し次第締め切らせていただきます。

※ お申し込みを受付次第、順次、受講票をお送りいたします。お申し込みから約7〜10日で到着します。届かない場合はご連絡ください。

この件に関するお問い合わせは
ナカノシマ大学事務局(月刊島民プレス内)まで。
TEL. 06-4799-1340

ナカノシマ大学応募規約

今月の月刊島民

月刊島民表紙

2020年春号(3月号)特集 大阪スパイス・ヒストリー

実は大阪は古くから「スパイス」やそれらを用いたカレーと深い縁を持ち、時代ごとにビッグウェーブを起こしてきた。その知られざる物語を紐解きます!

たなみん寄席