月刊島民ナカノシマ大学

講座バナー

講座キャッチ

都市のなりたちを表す地形の魅力と楽しみ方を、
日本の2大都市を比較しながら学ぼう!

対 談/皆川典久(東京スリバチ学会)
    新之介(大阪高低差学会)

大阪・天満橋付近の高低差。平らな街と思いきや、意外にデコボコの多い大阪。そこに歴史のヒントがある。

今やすっかり街歩きのキーワードとなった「地形」。その土地のなりたちは街の歴史と密接に関わっている。NHK『ブラタモリ』の人気もあって、全国各地で地形に関する本が出版されている。

今回は東西のスペシャリストのお二人が揃う豪華な対談。東京代表は地形ブームの火付け役と言っても過言ではない、東京スリバチ学会の皆川典久さん。大阪代表は3月に第3弾の地形本を出版する大阪高低差学会の新之介さんだ。

谷沿いに街が形成されていった東京は、アップダウンが多く、まさにスリバチのような地形が点在している。一方、上町台地を除いてほとんどが海の中から浮かび上がるようにできた大阪は、街の中にある高低差がポイントとなる。そんな2都市の違いを地形という側面から比較し、自慢し合ってもらいながら、互いの新たな魅力を発見しよう。


東京・赤坂にある薬研坂。これぞスリバチ!と言いたくなる地形。東京にはこのようなアップダウンがとにかく多い。
【開催概要】
開催日 2019年3月24日(日)
時間 11:00AM〜0:30PM頃(開場10:30AM〜)
会場 大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)
対談 皆川典久、新之介
受講料 2,000円
定員 150名
主催 ナカノシマ大学事務局
【会場】
大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)
ご参加までの
流れ
[STEP 1]お申し込み
このページの一番下にある「規約に同意して応募する」ボタン(青いボタン)をクリックすると、申し込みフォームが表示されます。説明に従って必要事項をご記入ください。
[STEP 2]受講ハガキ発送
ナカノシマ大学事務局より受講ハガキを発送します。発送は毎月20日前後から随時行っています。
[STEP 3]当日精算
受講料は講座当日に受付にてお支払いください。受講ハガキをご持参くださると受付がスムーズです。

お問い合わせ
ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)
TEL06-6484-9677

ナカノシマ大学応募規約

規約に同意して応募する満員御礼

今月の月刊島民

月刊島民表紙

2019年2月号特集 クリエイティブ・アイランド

アートエリアB1が進める「クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島」。中之島を創造的な研究所と見立てるというそのプロジェクトの全貌とは?

たなみん寄席