月刊島民ナカノシマ大学

講座バナー

講座キャッチ

落語の中でも嫁は強い?!
男女の力関係は如何に。

落語/桂春之輔ほか
鼎談/玉岡かおる(作家)
   髙島幸次(大阪大学招聘教授)
   桂春之輔

イラスト

男と女にまつわる噺をギュギュッと詰め込んだ初天神の日の天神寄席。船場の言葉で、商家の若い女性や若奥さんを表す「かかあ天下・亭主関白」が一月席のテーマ。江戸時代も今も、男と女の愛憎劇は本質的には変わらないのか!?たくましい女性陣の活躍に乞うご期待。
鼎談のゲストは、作家の玉岡かおるさん。昨年9月に上梓された『花になるらん─明治おんな繁盛記─』にも登場する時代を先駆した女性像を存分に語ってもらおう。

ナカノシマ大学で前売り券を買うとお得!

「天神寄席」の前売チケットをナカノシマ大学で買うと、通常2,500円より200円引きの2,300円で入場できます。いつものナカノシマ大学と同じく、ウェブ、ハガキ、FAXでお申し込みを受付中。

一月のお題は「ご寮人さん」

●演目
〈落語〉
笑福亭恭瓶 「町内の若い衆」
笑福亭仁嬌 「替わり目」
笑福亭岐代松「紙入れ」
桂坊枝   「火焔太鼓」
桂雀三郎  「夢の革財布」
〈鼎談〉
「『花になるらん』を語る」
玉岡かおる(作家)
髙島幸次(大阪大学招聘教授)
桂春之輔
【概要】
開催日 2018年1月25日(木)
時間 6:30PM〜(開場6:00PM〜/受付開始5:45PM〜)
出演 〈落語〉笑福亭恭瓶、笑福亭仁嬌、笑福亭岐代松、桂坊枝、桂雀三郎
〈鼎談〉玉岡かおる、髙島幸次、桂春之輔
受講料 2,300円(前売りのみ・予定枚数が終了しだい締切)
※通常:前売り2,500円/当日3,000円
◎予定枚数に達し次第、販売終了します。
◎ナカノシマ大学で販売するチケットは前売り券のみです。当日券の販売はありません。
支払い方法 当日5:45PMより、繁昌亭前に仮設の「ナカノシマ大学受付」にて精算。
ご参加までの
流れ
[STEP 1]お申し込み
このページの一番下にある「規約に同意して応募する」ボタン(青いボタン)をクリックすると、申し込みフォームが表示されます。説明に従って必要事項をご記入ください。
[STEP 2]受講ハガキ発送
ナカノシマ大学事務局より受講ハガキを発送します。発送は1月10日より随時行います。
[STEP 3]当日精算
受付にて受講ハガキをご提示のうえ、受講料をお支払いください。受講ハガキと引き換えに、天神寄席入場チケットをお渡しします。会場へは、チケットに記載された整理番号順に、6:00PMよりお入りいただけます。

お問い合わせ
ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)
TEL06-6484-9677

ナカノシマ大学応募規約

規約に同意して応募する申し込み受付中(先着順)

今月の月刊島民

月刊島民表紙

2018年1月号特集 「難しいことを、面白く。」

中之島では数多くの研究者や学芸員などの専門家たちが活躍しているが、共通するのは、たとえ難しいテーマであってもわかりやすく面白く伝えられる点。「賢い」だけではなく、「面白く」語り、書くことのできる研究者たちの素顔とは?

たなみん寄席