月刊島民ナカノシマ大学

講座バナー

講座キャッチ

大阪ゆかりの歴史小説家と日本史研究者、
異なる立場で「歴史」と向き合う2人が
史実の読み方と創作の舞台裏を語り合う。

講 師/木下 昌輝(小説家)
    髙島 幸次(大阪大学招聘教授・大阪天満宮文化研究所)

小説はもちろんテレビドラマや映画など、歴史をモチーフにした創作は数多い。これらは時に歴史に対して忠実に、また時にはフィクションを交えながら、読む人や観る人を物語の中に引き込む。史実と創作、どちらを強調するかは作家の腕の見せ所とになるわけだが、今回はその歴史の扱い方の部分に着目してみたい。

歴史小説家の木下昌輝さんは、デビュー作『宇喜多の捨て嫁』をはじめ過去3回直木賞候補に挙がるなど注目を浴びている。大阪在住の作家としても知られ、上方落語の祖とされる米沢彦八が主人公の『天下一の軽口男』があるほか、5月中旬発売予定の最新作『金剛の塔』は、世界最古の会社として有名な金剛組と四天王寺の五重塔をモチーフにするなど、大阪ゆかりの作品も多い。

対談のお相手はおなじみ髙島幸次先生。言わずと知れた大阪の歴史や天神祭研究のエキスパートだ。歴史を巧みに操り創作を行う小説家、史実を明らかにしようとする研究者、同じものに接しても、見え方は異なるはず。両者のまなざしの違いから、歴史の面白さを考えてみよう。

【開催概要】
開催日 2019年5月29日(水)
時間 7:00PM〜8:30PM頃(開場6:30PM〜)
会場 大阪府立中之島図書館 別館(2階)
講師 木下 昌輝、髙島幸次
受講料 1,800円
定員 80名
主催 ナカノシマ大学事務局
【会場】
大阪府立中之島図書館 別館(2階)
ご参加までの
流れ
[STEP 1]お申し込み
このページの一番下にある「規約に同意して応募する」ボタン(青いボタン)をクリックすると、申し込みフォームが表示されます。説明に従って必要事項をご記入ください。
[STEP 2]受講ハガキ発送
ナカノシマ大学事務局より受講ハガキを発送します。発送は毎月20日前後から随時行っています。
[STEP 3]当日精算
受講料は講座当日に受付にてお支払いください。受講ハガキをご持参くださると受付がスムーズです。

お問い合わせ
ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)
TEL06-6484-9677

ナカノシマ大学応募規約

規約に同意して応募する申し込み受付中(先着順)

今月の月刊島民

月刊島民表紙

2019年春号特集 ミュージアムズ・トピックス

ニューオープンにリニューアルが続き、どんどん充実度がアップしている中之島周辺のミュージアム最新情報をまとめてお届け!

講座一覧

  1. 2019年06月04日
    ナカノシマ大学 6月講座 BMCといいビルの10年
    申し込み受付中(先着順)
  2. 2019年05月29日
    ナカノシマ大学 5月講座 歴史の〝つくり〟方
    申し込み受付中(先着順)
  3. 2019年05月25日
    天神寄席 五月席 仏教・落語・大学
    申し込み受付中(先着順)

back to index

たなみん寄席