月刊島民ナカノシマ大学

講座バナー

講座キャッチ

申し込み受付中(先着順)

鼎談には気鋭の歴史小説家が登場!

落語/桂米輝「擬宝珠」
   桂あさ吉「鷺とり」
   笑福亭生喬「竹の水仙」
   林家染二「子は鎹」
   笑福亭呂鶴「天王寺詣り」

鼎談/「落語と時代小説」
   木下昌輝(小説家)
   髙島幸次(大阪大学招聘教授)
   桂春若

イラスト

9月の鼎談ゲストには、歴史小説の旗手として人気急上昇中の木下昌樹さんが登場。2019年5月に上梓された『金剛の塔』(徳間書店)は、堂宮大工が創業した世界最古の建築会社がモチーフとなっています。1400年前にすでに大震災に耐える高層仏塔が存在したというのは、驚きです。

また、落語では、語り継がれてきた建築技術や、堂宮大工たちが登場する噺をお楽しみください。

実は、木下さんは1月の天神寄席にもご登壇いただく予定でしたが、残念ながらインフルエンザでご欠席……。前回の分もたっぷりとお話を聞かせていただきましょう!

ナカノシマ大学で前売り券を買うとお得!

「天神寄席」の前売チケットをナカノシマ大学で買うと、通常2,500円より200円引きの2,300円で入場できます。いつものナカノシマ大学と同じく、ウェブ、ハガキ、FAXでお申し込みを受付中。

【概要】
開催日 2019年9月25日(水)
時間 6:30PM〜(開場6:00PM〜/受付開始5:45PM〜)
出演 〈落語〉桂米輝、桂あさ吉、笑福亭生喬、林家染二、
    笑福亭呂鶴
〈鼎談〉木下昌輝、髙島幸次、桂春若
受講料 2,300円(前売りのみ・予定枚数が終了しだい締切)
※通常:前売り2,500円/当日3,000円
◎予定枚数に達し次第、販売終了します。
◎ナカノシマ大学で販売するチケットは前売り券のみです。当日券の販売はありません。
支払い方法 当日(5:45PM〜)、繁昌亭前入口付近の「ナカノシマ大学受付」にて精算。
ご参加までの
流れ
[STEP 1]お申し込み
このページの一番下にある「規約に同意して応募する」ボタン(青いボタン)をクリックすると、申し込みフォームが表示されます。説明に従って必要事項をご記入ください。
[STEP 2]受講ハガキ発送
ナカノシマ大学事務局より受講ハガキを発送します。発送は9月10日より随時行います。
[STEP 3]当日精算
受付にて受講ハガキをご提示のうえ、受講料をお支払いください。受講ハガキと引き換えに、天神寄席入場チケットをお渡しします。会場へは、チケットに記載された整理番号順に、6:00PMよりお入りいただけます。

お問い合わせ
ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)
TEL06-6484-9677

ナカノシマ大学応募規約

規約に同意して応募する申し込み受付中(先着順)

今月の月刊島民

月刊島民表紙

2019年秋号(9月号)特集 堂島ビルヂング物語

大江橋のすぐ北側に建つ「堂ビル」こと堂島ビルヂング。外観はスタイリッシュだが、実は大正生まれの老舗ビル。その歴史を掘り下げてみよう!

たなみん寄席