月刊島民ナカノシマ大学

講座バナー

講座キャッチ

【重要】受講ハガキの送付を終了しました。

いつもナカノシマ大学にご参加いただき、ありがとうございます。

2019年12月よりナカノシマ大学及び天神寄席の受講ハガキの送付を終了しました。

つきましては、お申し込み完了画面に表示される『予約ID』の番号をお控えいただき、当日受付にてお伝えください。

※確認のため、1件のお申し込みにつき1通ずつ、自動返信メールをお送りしております。メールアドレスの入力ミス、迷惑メールのフォルダ設定などで自動返信メールが届かない場合がありますが、お申し込み完了画面に『予約ID』が表示されていれば、お申し込みは完了しておりますので、お問い合わせの必要はございません。

ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)
お問い合わせ:https://nakanoshima-daigaku.net/contact

【重要】受講ハガキの送付を終了しました。

いつもナカノシマ大学にご参加いただき、ありがとうございます。

2019年12月よりナカノシマ大学及び天神寄席の受講ハガキの送付を終了しました。

つきましては、お申し込み完了画面に表示される『予約ID』の番号をお控えいただき、当日受付にてお伝えください。

※確認のため、1件のお申し込みにつき1通ずつ、自動返信メールをお送りしております。メールアドレスの入力ミス、迷惑メールのフォルダ設定などで自動返信メールが届かない場合がありますが、お申し込み完了画面に『予約ID』が表示されていれば、お申し込みは完了しておりますので、お問い合わせの必要はございません。

ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)
お問い合わせ:https://nakanoshima-daigaku.net/contact

【重要】受講ハガキの送付を終了しました。

いつもナカノシマ大学にご参加いただき、ありがとうございます。

2019年12月よりナカノシマ大学及び天神寄席の受講ハガキの送付を終了しました。

つきましては、お申し込み完了画面に表示される『予約ID』の番号をお控えいただき、当日受付にてお伝えください。

※確認のため、1件のお申し込みにつき1通ずつ、自動返信メールをお送りしております。メールアドレスの入力ミス、迷惑メールのフォルダ設定などで自動返信メールが届かない場合がありますが、お申し込み完了画面に『予約ID』が表示されていれば、お申し込みは完了しておりますので、お問い合わせの必要はございません。

ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)
お問い合わせ:https://nakanoshima-daigaku.net/contact

【重要】受講ハガキの送付を終了しました。

いつもナカノシマ大学にご参加いただき、ありがとうございます。

2019年12月よりナカノシマ大学及び天神寄席の受講ハガキの送付を終了しました。

つきましては、お申し込み完了画面に表示される『予約ID』の番号をお控えいただき、当日受付にてお伝えください。

※確認のため、1件のお申し込みにつき1通ずつ、自動返信メールをお送りしております。メールアドレスの入力ミス、迷惑メールのフォルダ設定などで自動返信メールが届かない場合がありますが、お申し込み完了画面に『予約ID』が表示されていれば、お申し込みは完了しておりますので、お問い合わせの必要はございません。

ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)
お問い合わせ:https://nakanoshima-daigaku.net/contact

【重要】受講ハガキの送付を終了しました。

▶2019年11月1日(金) 10:00更新

いつもナカノシマ大学にご参加いただき、ありがとうございます。

2019年12月以降に開催されるナカノシマ大学及び天神寄席から、受講ハガキの送付を終了します。
同時に、ハガキ・FAXでのお申し込みも廃止し、webサイトから のお申し込みのみとなります。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

※1件のお申し込みにつき1通ずつ、自動返信メールをお送りしております。そちらに記載されている『予約ID』が当日の受付で必要になります。 当日受付にて『予約ID』の番号をお伝えください。もしくは、講座お申し込みが完了すると画面に必ず『予約ID』が表示されますので、お控えいただきますようお願いいたします。

※メールアドレスの入力ミス、迷惑メールのフォルダ設定などで自動返信メールが届かない場合があります。
こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。https://nakanoshima-daigaku.net/contact

ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)

【重要】受講ハガキの送付を終了しました。

▶2019年11月1日(金) 10:00更新

いつもナカノシマ大学にご参加いただき、ありがとうございます。

2019年12月以降に開催されるナカノシマ大学及び天神寄席から、受講ハガキの送付を終了します。
同時に、ハガキ・FAXでのお申し込みも廃止し、webサイトから のお申し込みのみとなります。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

※1件のお申し込みにつき1通ずつ、自動返信メールをお送りしております。そちらに記載されている『予約ID』が当日の受付で必要になります。 当日受付にて『予約ID』の番号をお伝えください。もしくは、講座お申し込みが完了すると画面に必ず『予約ID』が表示されますので、お控えいただきますようお願いいたします。

※メールアドレスの入力ミス、迷惑メールのフォルダ設定などで自動返信メールが届かない場合があります。
こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。https://nakanoshima-daigaku.net/contact

ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)

受付終了

道具から見た、店・人・街について。
あの3人が再びわいわいガヤガヤ語り合う。

講 師/江 弘毅(本誌編集発行人・元『Meets Regional』編集長)
    吉村 司(編集者・元『Hanako WEST』編集長)
    石原 卓(クエストルーム代表・元『関西ぴあ』編集長)

ライバル誌の編集長同士という間柄ではあったが、実は長年の友人でもある3人。3人で編集・執筆した『大阪人』増刊「ちゃんとした大阪うまいもんの店」は、雑誌が売れないと言われる中、早々に完売を記録。

本誌編集発行人であり、「島民よ、この店のこれを食え」を連載中の江弘毅が新刊『有次と庖丁』(新潮社)を上梓した。京都・錦市場の庖丁づくりの老舗である[有次]は、400年以上の歴史を誇る。店への取材はもちろん、京都や大阪の料理人や堺の製作現場も訪ね、そのものづくりの真髄を探っている。

その中にこんな一節がある。「庖丁の話は深くて入り組んでいる。…『鯛は明石に限る、いや和歌山の加太だ』などといったグルメ軸(=消費軸)の話よりも断然奥行きがある。…それぞれの店や料理人の歴史や個性、さらには背景にある哲学を物語ることが多いのだ」。道具について知ることは、すなわち店や街を深く理解することでもあるのだ。

今回は、同じく京阪神の店をメディアを通して伝えてきた“盟友”たちが再び集合。江の新作をきっかけに、庖丁をはじめとする料理人たちの扱う道具について語ることから、店や街で過ごす楽しみ、さらにはそれを書く難しさがどこにあるのかを考えていく。

料理については、書く方も知る方も、●●産や××出身などのデータにとらわれがちだ。それだけではないことを、道具の話は教えてくれる。

キング・オブ・キングス 会場はレトロフューチャーな
インテリアで有名なあの店!

前回は2013年2月に開催。会場は大入り満員だった。今回も同じく大阪駅前第1ビルのレトロ喫茶[キングオブキングス]にて開催。懐かしいようでいて未来的な感覚もたっぷりの内装で、レトロ喫茶好きにはおなじみの名店。1ドリンク付きのスペシャルサービス。
有次と庖丁 江弘毅『有次と庖丁』
(新潮社/1,600円+税)

桶狭間の合戦と同じ1560年創業の老舗[有次]。錦市場の店は、今や世界中の料理人が集う「名所」となっている。その歴史について、1年半をかけてみっちり取材。美しい写真とイラストも満載。

 

【開催概要】
開催日 2014年5月27日(火)
時間 7:00PM〜8:30PM頃(開場6:30PM〜)
会場 キング・オブ・キングス(大阪駅前第1ビル地下1階)
講師 江 弘毅(本誌編集発行人・元『Meets Regional』編集長)
吉村 司(編集者・元『Hanako WEST』編集長)
石原 卓(クエストルーム代表・元『関西ぴあ』編集長)
受講料 2,000円(1ドリンク付き)
定員 60名
主催 ナカノシマ大学事務局
協力 新潮社
【会場】
キング・オブ・キングス(大阪駅前第1ビル地下1階)
大きな地図で見る

ナカノシマ大学応募規約