月刊島民ナカノシマ大学

講座バナー

講座キャッチ

西から東、上越から下越へ。
広い新潟はどこも美味かった!

講師/曽束政昭(まんぷくライター)

photo
そつか・まさあき
1968年京都市生まれ。雑誌SAVVY、Meets Regionalの編集部員を経て96年独立。関西屈指のフードライターとして近場のお好み焼きから漁港の鮨屋まで足で取材・執筆。著書に『1泊5食』『京阪神から行く一泊五食のうまい旅』(以上、京阪神エルマガジン社)。『まんぷく大阪』(共著/メディアファクトリー)、『大阪ソースダイバー』(共著/ブリコルール・パブリッシング)

photo 毎年、秋になったら美味しい便りをお届けしてきた「新潟ゼミ」を今年も開催いたします。今回の講師は、昨年の佐渡島取材以来、新潟の魅力にすっかりハマってしまった「1泊5食」フードライターの曽束政昭さんがリターンズ。この秋のはじめに糸魚川から上越〜長岡〜燕〜新潟と旅して思いきり食べて飲んだ足跡をレポートします。

東西の海岸線だけで東京−名古屋間と同じ距離があり、魚介類も獲れるものが多種多様。それに加えて豪雪地帯が豊富な地下水を湛え、お米も野菜も日本酒も旨いときていますが、それだけではありません。「ラーメンや焼きそばは全国の愛好家から注目の存在になっている」とのことで、もちろんそれにも〝曽束チェック〟が入りました。

一つのエリアを拠点にゆっくり楽しむのも魅力ですが、こんな弾丸ツアーで東西の距離を楽しむのもにいがたならでは。当日は、曽束さんが「これは受講生の方にも!」と推すおみやげ付き。今シーズンは1回限りのゼミだけに、中身も濃い濃い、ですぞ。

photo 新潟市の老舗居酒屋[喜ぐち]の甘くとろける南蛮エビとコリコリの食感が最高のバイ貝刺し photo 厳選特上にぎり10カンが堪能できる、新潟市[丸伊]の「極み」
photo 上越市のあめや[髙橋孫左衛門商店]の髙橋代表。創業は寛永元年(1624) photo 黒さハンパない! [月徳飯店]の「糸魚川ブラック焼きそば」
【開催概要】
開催日 2018年11月14日(水)
時間 6:30PM~8:00PM(開場6:00PM)
会場 グランフロント大阪・ナレッジキャピタル(北館タワーB 10F)
カンファレンスルーム
講師 曽束政昭
受講料 無料(新潟県のお土産付き)
定員 50名
主催 新潟県観光協会大阪観光センター
運営 新潟のええとこ・うまいもんゼミナール事務局
【会場】
グランフロント大阪・ナレッジキャピタル(北館タワーB 10F)
カンファレンスルーム
ご参加までの
流れ
[STEP 1]お申し込み
このページの一番下にある「規約に同意して応募する」ボタン(青いボタン)をクリックすると、申し込みフォームが表示されます。説明に従って必要事項をご記入ください。
応募多数の場合は抽選とさせていただきます。ウェブ、ハガキ、ファックスすべて、締切は10月22日(月)必着。
[STEP 2]受講ハガキ発送
受講票は当選した方にのみ、締切から5日以内に発送します。
[STEP 3]当日受付
当日、会場の受付にて、当選された方のお名前と受講ハガキを確認させていただきます。

お問い合わせ
ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)
TEL06-6484-9677

ナカノシマ大学応募規約

規約に同意して応募する終了しました

今月の月刊島民

月刊島民表紙

路線図で振り返る京阪電車

2008年10月19日に開業した京阪電車中之島線は今年10周年を迎える。そのメモリアルイヤーを祝い、1世紀以上にわたる京阪電車の歩みを、路線図や沿線案内と共に振り返ってみよう。

たなみん寄席