月刊島民ナカノシマ大学

講座バナー

講座キャッチ

生まれも個性も違うのに、知らないことが多すぎる?
「区」が語る24の大阪史をひもとく。

講 師/本渡 章(作家)


本渡 章
『古地図で歩く大阪 ザ・ベスト10』(140B)の著者で講師の本渡章さん

大阪市内を分ける24の「区」は、市民にとっては一番身近な存在のはず。にもかかわらず、意外に知らないことが多い。本来はそれぞれの区ごとの歴史があり、なりたちにも理由がある。

前回の「上町台地編」では、街の「背骨」にあたる上町台地とその東西9区を取り上げ、古代から現代につながる生い立ちを見渡した。シリーズの2回目となる今回は淀川・大阪湾から望む10区がテーマ。川と海を背景に島と道が交差して、それぞれの区の誕生のストーリーが見えてくる。一つひとつの区の変遷が、そこに住む人々の足元の歴史を教えてくれる。

◎今月の1枚

「大大阪明細地図」(大阪市立中央図書館蔵) 「大大阪明細地図」
(大阪市立中央図書館蔵)

大正14年(1925)発行。市域拡張で人口・面積ともに日本一になり、大大阪を名乗った年を象徴する地図。区の数も4から13に一気に増えた。地図も見応えありだが、市域拡張の範囲と各区の人口・面積をあらわすグラフにも注目。現在の区とは異なる顔を見せる区が多いのに興味をそそられる。
【開催概要】
開催日 2019年4月15日(月)
時間 7:00PM〜8:30PM頃(開場6:30PM〜)
会場 大阪市中央公会堂 小集会室
講師 本渡 章
受講料 2,500円(大判地図付き)
定員 80名
主催 ナカノシマ大学事務局
【会場】
大阪市中央公会堂 小集会室
ご参加までの
流れ
[STEP 1]お申し込み
このページの一番下にある「規約に同意して応募する」ボタン(青いボタン)をクリックすると、申し込みフォームが表示されます。説明に従って必要事項をご記入ください。
[STEP 2]受講ハガキ発送
ナカノシマ大学事務局より受講ハガキを発送します。発送は毎月20日前後から随時行っています。
[STEP 3]当日精算
受講料は講座当日に受付にてお支払いください。受講ハガキをご持参くださると受付がスムーズです。

お問い合わせ
ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)
TEL06-6484-9677

ナカノシマ大学応募規約

規約に同意して応募する申し込み受付中(先着順)

今月の月刊島民

月刊島民表紙

2019年3月号特集 ダンナさんのおかげです。

現在の中之島の近代的で美しい姿は、「ダンナさん」の功績なくしては語れない!中之島の恩人である彼らに敬意を表して、その素顔をご紹介しよう。

たなみん寄席